2021.08.11

秋の和菓子といえば?秋の味覚や秋らしい見た目のお菓子をご紹介!

facebook

twitter

line

こんにちは!栗きんとん・栗菓子の「恵那川上屋」です。

 

秋といえば食欲の秋!

さつまいもや栗、柿など秋の味覚として人気がある食材を味わえる季節ですよね。

秋の味覚を使った和菓子もいろいろとありますよ。

 

今回は、秋の和菓子といえばどんなものがあるか、秋の味覚を楽しめる和菓子と秋にゆかりのある和菓子も一緒にご紹介します。

茶菓子

 

 

秋の和菓子といえば?秋の味覚を楽しむ和菓子からご紹介

秋の和菓子には、さつまいもや栗、柿などの旬の素材を使った和菓子が多くあります。

そんな秋の味覚を楽しめる和菓子を紹介します。

 

さつまいもを使った和菓子

芋ようかん

芋ようかん

芋ようかんは、さつまいもを主な原料とした蒸しようかん

もっちりとした食感が特徴です。

あんこで作ったようかんよりも甘さが控えめなので、甘いものが苦手な方にもおすすめしたい和菓子です。

 

大学芋

大学芋

油で揚げたさつまいもに、砂糖や醤油を合わせた甘い蜜を絡める「大学芋」。

油で揚げているので表面がパリッと歯ごたえがあり、中はホクホクした食感が楽しめます。

 

甘じょっぱい味わいで、大人から子どもまで人気が高く、やみつきになる美味しさです。

 

芋きんつば

芋きんつば

きんつばは、寒天で固めて四角くまとめた粒あんを、小麦粉の皮で包んだものです。

きんつばには粒あんだけでなく、さつまいもを練り上げて焼き上げたものや、さつまいもの餡を入れたものもあります。

 

このさつまいもを使った「芋きんつば」は、芋の種類によっても色合いが異なり、鮮やかな見た目も楽しめるお菓子です。

表面を香ばしく焼き上げ、素材本来の甘みが味わえる上品な仕上がりになっています。

 

栗を使った和菓子

栗蒸しようかん

栗蒸しようかん

栗蒸しようかんは、蒸しようかんの生地に栗を加えて仕上げます。

柔らかくもっちりとした食感の中で、栗の歯ごたえと風味を一緒に味わうことができます。

 

栗がゴロゴロと入っている見た目も豪華で、手土産にもぴったりのお菓子です。

 

栗きんとん

栗きんとん

炊いた栗に砂糖を加え、茶巾で絞って形を整えた和菓子の栗きんとん。

栗本来の味とまろやかな甘さが味わうことができ、季節を感じられる秋には欠かせない和菓子です。

 

柿を使った和菓子

柿ようかん

柿ようかん

柿ようかんは、柿の風味を生かした練りようかん。

口に入れたときに柿の風味が広がり、すっきりとした甘さが特徴です。

熟した柿を使ったものや、干し柿を使ったものなど種類はさまざま。
見た目も鮮やかなオレンジ色で濃厚な柿の味わいを楽しめる、秋にぴったりの和菓子です。

 

 

秋らしい見た目や、秋にゆかりのある和菓子もチェック

秋といえば、お月見やお彼岸などいろいろな行事がありますよね。

そんな秋の行事にゆかりのある和菓子をご紹介します。

 

お月見団子

お月見団子

昔ながらのお月見には、月に見立てたものや収穫物をお供えするという風習もあります。

十五夜では15個、十三夜では13個、月に見立てたお団子を山のように積んでお供えすることで、月を眺めながら収穫の感謝を表します。

 

また、十三夜のお月見は豊作を祝う行事でもあったため、採れたての栗や枝豆などの農作物をお供えすることから「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。

 

おはぎ

おはぎ

秋のお彼岸にお供えする「おはぎ」は、あんこでお餅を包んだ和菓子です。

春のお彼岸にお供えするものは一般的に「ぼた餅」と呼ばれています。

 

この2つの名前の違いは、秋に咲く萩の花から「おはぎ」、春に咲く牡丹の花から「ぼた餅」と、それぞれの季節の花が由来していると言われています。

 

 

秋の和菓子といえば恵那川上屋のお菓子もおすすめ!

秋は気候も涼しくなってきて、季節の移り変わりを感じる季節ですよね。

恵那川上屋で販売している和菓子の中から、秋の和菓子としておすすめなものを紹介します。

 

栗きんとん

栗きんとん

恵那川上屋の栗きんとんは、厳選した栗と少しの砂糖を合わせてじっくりと炊きあげています。

一つひとつ丁寧に手絞りで栗の形に絞り上げていて、口の中に入れたときに栗の風味が広がり、口溶けも滑らかです。

 

栗の美味しさがギュッと詰まっているので、秋の味覚を堪能することができます。

 

栗羊羹

栗羊羹

贅沢な小豆のなめらかな練りようかんと、栗の食感が楽しめる「栗羊羹」。

粒よりの小豆で甘さひかえめに炊いたようかん生地に、やわらかく煮た栗の甘露煮をふんだんにちりばめています。

 

くり壱 

くり壱

たっぷりの栗きんとんを蒸しようかんで包み、朴の葉で包んだ和菓子の「くり壱」。

創業から続く恵那川上屋のロングセラーようかんです!

 

甘すぎない蒸しようかんの生地が、栗きんとんの味を一層引き立てています。

朴の葉で包むことで、朴の葉の風味と上品な甘さが広がる贅沢な蒸しようかんです。

 

 

秋の和菓子を食べて季節感も一緒に楽しんで♪

秋の和菓子はさつまいもや栗、柿など、素材そのものの味を生かしているものが多く、風味や食感を楽しめる贅沢な和菓子となっています。

 

秋以外にも、春夏秋冬それぞれの季節にあった和菓子が存在しています。

季節限定の和菓子を味わいながら、ぜひ季節の移ろいを感じてみてくださいね。

 

恵那川上屋では、ご紹介した秋の和菓子以外にもさまざまな栗の和菓子のお取り寄せ可能です。

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

facebook

twitter

line