2021.07.07

ソルベとシャーベットの違いは?その特徴や味わいを比較!

facebook

twitter

line

こんにちは!栗きんとん・栗菓子の「恵那川上屋」です。

 

暑い時期になると特に人気の高い「ソルベ」や「シャーベット」。

どちらもひんやりとしていて甘く、見た目もよく似ていますが、その違いを詳しくご存知でしょうか?

 

実はソルベとシャーベットは原材料が違うため、味わいや特徴も異なります。

今回はソルベとシャーベットの違いについて、それぞれの特徴と語源、混同しやすい他の冷たいスイーツの特徴も一緒にご紹介します。

シャーベット

 

 

ソルベとシャーベットの違いは?アイスクリームとはどう違う?

「ソルベ」と「シャーベット」どちらも冷たくて甘く、見た目も似ているスイーツですが、一般的には原材料が異なるとされています。

 

それぞれの原材料や作り方、語源・特徴、あわせて他の冷たいスイーツの各特徴もご紹介していきます。

 

ソルベについて

一般的な原材料・作り方

果汁または果汁シロップに、シャンパン・リキュールなどのお酒を加え、凍らせもの。

※果汁は必ず使用されていますが、お酒が含まれていないものあります。

 

語源・特徴

ソルベはフランス語で、アラビア語で「シャルバート」という水で薄めた果汁を砕いた氷で冷やした、冷たい飲み物が語源と言われています。

 

ソルベは、シャリシャリとした食感でさっぱりとした口当たり。

フランスではコース料理のお口直しに提供されることが多く、原材料に乳製品を使わないため乳脂肪分が含まれていないのが大きな特徴です。

 

シャーベットについて

一般的な原材料・作り方

果汁に砂糖を加えたものやフルーツのピューレを凍らせたもの。

その他に、卵白・牛乳・ゼラチンなどを加えたものもシャーベットと呼ばれています。

 

語源・特徴

シャーベットは英語で、語源はソルベと同じアラビア語の「シャルバート」。

ソルベがアメリカに渡り、シャーベットという発音へ変化したと言われています。

 

お店で販売されているシャーベットの多くが原材料に牛乳など乳製品が使用されており、ソルベとの違いの1つに少量の乳脂肪分が含まれていることが挙げられます。

 

食感はソルベとと似ていてシャリシャリとした食感。

口当たりは、滑らかで甘さがしっかりとしているのが特徴です。

 

その他の冷たいスイーツの特徴について

アイスクリーム

日本においてアイスクリームは、大きく3つに分けられています。

  • アイスクリーム:乳固形分15.0%以上、そのうちの乳脂肪分が8.0%以上のもの
  • アイスミルク:乳固形分10.0%以上、そのうちの乳脂肪分が3.0%以上のもの
  • ラクトアイス:乳固形分3.0%以上のもの

種類は分けられていますが、一般的にはどれもアイスクリームと呼ばれています。

原材料には一般的に牛乳、卵黄、生クリーム、砂糖が使用されており、甘くクリーミーな味わいが特徴です。

 

ジェラート

イタリア語で「ジェラート」は、凍ったという意味。

ジェラートは、空気を含む量で舌触りや冷たさが変化します。

 

原材料は果実や果汁の他に、牛乳や砂糖が用いられるのが一般的。

加えて、コーヒーやミントなどのフレーバーを使用することもあります。

見た目もカラフルなものが多く、味もさっぱりしたものから濃厚なものまで、種類が豊富なのが特徴です。

 

グラニテ

フランス語で「グラニテ」は、ざらざらしたという意味です。

 

グラニテは果汁やコーヒー、リキュールなどのお酒を凍らせ砕いたもので、シャーベットやソルベと比べると、氷の粒が粗くかき氷に近い氷菓。

さっぱりとした味わいが特徴です。

 

 

恵那川上屋のおすすめシャーベットもご紹介!

恵那川上屋では、夏に人気なシャーベット3種類の味を味わえるお得な詰め合わせセットを販売しています。

 

青い山脈のしゃーべっと

青い山脈のしゃーべっと

見た目も鮮やかで夏にはぴったりの「青い山脈のしゃーべっと」。

 

常温で発送・保存ができる新感覚のシャーベットなので、手土産としても喜ばれる一品です。

 

味の種類は3つあり、それぞれ違うトマトの味が楽しめます。

  • トマトそのものの魅力が味わえる「トマト」
  • トマトと桃の良さを両方味わえる「トマトと桃」
  • ブラットオレンジの酸味とかすかな苦みが爽やかな「トマトとブラットオレンジ」

シャーベットならではの、ひんやりとシャリシャリとした食感はもちろん、後味も甘すぎずにすっきり爽やかです!

 

 

ソルベとシャーベット、それぞれの違いを楽しもう!

今回ご紹介したソルベとシャーベットが似ていて間違われやすいのは、同じ語源の飲み物から伝わり、変化したものだったからなんですね。

どちらも果汁を凍らせて作られることが多く、乳脂肪が含まれているかどうかが種類を分ける大きな違いのようです。

 

暑い時期だからこそ、さらに美味しく感じるソルベやシャーベットなどの冷たいスイーツ。

最近では珍しい味や色鮮やかな見た目のものなど、選びきれないほどたくさんの種類があります。

それぞれ食べ比べて味わえるのも、夏の楽しい過ごし方の1つですね。

 

恵那川上屋では、今回紹介した「青い山脈のしゃーべっと」の他にさまざまな栗を使った洋菓子のお取り寄せが可能です。

ぜひチェックしてみてくださいね!

facebook

twitter

line