2023.08.25

岐阜県の東濃とは?含まれる市や特徴・見どころをご紹介!

facebook

twitter

line

こんにちは!岐阜県で季節の素材を使った創作菓子を販売する「恵那川上屋」です。

 

名古屋からのアクセスが良好な岐阜県の東濃地域。

 

山々に囲まれる豊かな自然と、中山道の宿場町として栄えた当時の面影を残す町並みが融合する、魅力あふれる地域です。

 

今回は岐阜県東濃地域の特徴から、おすすめ観光スポットまでをご紹介します。

 

ふらりと歩けば思わずカメラを構えたくなる場所ばかりですので、今度の旅行の候補にぜひ岐阜県の東濃地域を加えてくださいね!

新緑の恵那峡

岐阜県の東濃とは?

東濃

南に愛知県、東に長野県を隣接した東濃地域は、美濃国(岐阜県南部を占めた旧国名)の東部を意味し、岐阜県の東南部に位置しています。

 

東濃地域は、多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・中津川市の5つの市から成り、岐阜県では唯一市だけで構成された圏域です。

 

面積は1,562.8k㎡で、人口は428,264人(2023年6月1日、推計人口)となっています。

 

名古屋圏域へのアクセスがよいJR中央本線・中央自動車道・国道19号・国道363号が東西に整備されていて、利便性が高いのも魅力です。

 

また、鎌倉時代に開創された禅寺「虎渓山永保寺」や、江戸時代の景観が維持されている「岩村城下町」「馬籠宿」などの古い町並みがあり、重要伝統的建造物保存地区に指定されている地域でもあります。

 

岐阜県は5つの圏域に分かれており、東濃の他にも中濃、西濃、岐阜、飛騨などの地域があります。

 

 

東濃地域の産業・文化

岐阜県は林業が盛んで、全国で2番目に多いひのきの資源量を持っています。

 

特に「東濃ひのき」は、細かく刻まれた年輪の中央が淡いピンクに染まり、香りの高さが際立つ銘木で、岐阜県のブランドひのきとして全国に知られています。

 

その品質は古くから認められており、伊勢神宮をはじめ、明治神宮・江戸城・名古屋城など多くの歴史的建造物に使用されているほど。

 

建築資材として使用するだけでなく、おひつや曲げわっぱなど生活に根付いた商品から、ひのきの枝葉を丁寧に集めて、エッセンシャルオイルやボディソープなども作っています。

 

東濃地域は1300年の歴史を持つ伝統工芸品「美濃焼」の産地としても名を馳せており、食器類の生産シェアは全国の60%を占めています。

 

「志野」「織部」「黄瀬戸」「瀬戸黒」の美濃焼の窯跡、陶磁器資料館などもあり、なかでも陶器産業の拠点となる「セラミックパークMINO」は、作品の展示だけでなく陶芸の体験もできる施設です。

 

また、伝統芸能の「地歌舞伎(じかぶき)」も有名です。

 

地歌舞伎とは地元の素人役者たちによって演じられる歌舞伎で、江戸時代中期より盛んに演じられ、現在東部に15の保存会と4つの芝居小屋、西部に2つの保存会と1つの芝居小屋があり、歴史文化に触れられます。

 

2009年には「東濃地方の地歌舞伎と芝居小屋」が「岐阜の宝もの」に認定されました

 

 

岐阜県の東濃地域の見どころは?おすすめスポットをご紹介

馬籠宿の売店

岐阜県の東濃地域には、見どころがたくさんあります。

 

特におすすめの場所をご紹介いたしますので、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

 

岩村城下町

まるで江戸時代にタイムスリップをしたような町並みの岩村城下町。

 

全長1.3kmの道のりを、格子戸や幾何学模様のなまこ壁・屋根の付いた看板など風情ある風景を見ながら楽しめます。

 

お菓子の老舗や一般公開されている入場無料の商家など、立ち寄りスポットも豊富です。

 

名物のカステラや五平餅・かんから餅をお供に、歴史散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

<岩村城下町>

住所:岐阜県恵那市岩村町

アクセス:車で中央自動車道「恵那IC」下車20分/明智鉄道岩村駅から徒歩すぐ

 

日本大正村

大正ロマンが漂う街の中で、どこか懐かしい建物を見ながら、大正時代の人々の生活にふれられる日本大正村。

 

路地を歩くだけでも大正風情を感じて楽しいのですが、大正末期から昭和初期に多くの文化人を常連とした天久カフェを復元した資料館や、地元食材を使ったお食事処があったりと見どころが満載です。

 

日本大正村のおすすめの回り方は、矢絣袴(やがすりばかま)を着ての散策。

衣装や小物をレンタルして日本大正村を一日周ることができます。

 

ハイカラな気分を味わいながら、あちらこちらの写真スポットで映える写真が撮れますよ。

 

<日本大正村>

住所:岐阜県恵那市明知町1884番地3

アクセス:車で「恵那IC」または「瑞浪IC」より40分/明智鉄道「明智駅」から徒歩5分/JR中央線「瑞浪駅」より東武バスで約45分

 

多治見モザイクタイルミュージアム

全国一のモザイクタイルの生産地、多治見市笠原町。

 

世界的建築家・藤森照信氏によってデザインされたモザイクタイルミュージアムの外観は、タイルの原料を掘り出す粘土山を思わせ、独創的です。

 

内部はタイルで彩られた展示品がキラキラと光り、いつまでも見ていたくなるほど。

 

体験工房は電話予約を受け付けているので、確実にタイルづくり体験をしたい方は予約を入れましょう。

 

<多治見モザイクタイルミュージアム>

住所:岐阜県多治見市笠原町2085-5

アクセス:車で「多治見IC」より約25分、土岐南多治見ICから約15分/東鉄バス笠原線「モザイクタイルミュージアム」下車

 

恵那峡

恵那峡は、木曽川を大井ダムによってせき止めて作られた人造湖で、四季折々の風景が楽しめます。

 

春は桜・ツツジが咲き乱れ、夏は青々とした緑が渓谷いっぱいに広がり、秋は紅葉が水面を彩り、冬には奇岩に降り積もる雪がまるで水墨画の世界のような表情を見せてくれます。

 

遊覧船から見る景色は絶景で、ぜひ湖水から見上げる大自然を満喫してください。

 

<恵那峡>

住所:岐阜県恵那市大井町恵那峡

アクセス:車で「恵那IC」より10分/東鉄バス恵那峡行き「恵那峡バス停」下車

 

馬籠宿

石畳の坂道が続くレトロな雰囲気の馬籠宿は、江戸時代に整備された五街道の一つ、中山道の43番目の宿場町です。

 

坂道の両側に軒を連ねるカフェや雑貨店・お土産屋さんを覗いたり、この地が生んだ文豪・島崎藤村の生家跡の資料館を訪ねて文学に触れたり、楽しみ方はさまざま。

 

焼きたてのせんべい、五平餅やおやきを片手に、のんびり散策もおすすめです。

 

馬籠宿から次の宿場町・妻籠宿までは全長約9km、徒歩約3時間でハイキングコースとして人気があります。

 

木曽の山々、渓谷、滝など四季折々の美しい自然を堪能しながら、遠い昔に通った人たちと同じ道を歩いていると思うと感慨深いものがあるでしょう。

 

<馬籠宿>

住所:岐阜県中津川市馬籠

アクセス:車で「中津川IC」より20分/北恵那交通バス落合・馬籠方面行き「馬籠」下車

 

恵那川上屋 栗里宿 恵那峡店

四季折々の渓谷美を楽しめる恵那峡の近くに構える、恵那川上屋の栗里宿 恵那峡店。

 

栗きんとんで有名な恵那川上屋ですが、季節の素材を生かした創作菓子などもあり、豊富な品揃えから多くのお客様で賑わう観光スポットとなっています。

 

店舗の奥には喫茶スペースもあり、お土産を買うだけでなく、限定メニューが楽しめます。

 

テラス席も用意されており、恵那峡の風光明媚な自然を満喫しながら、おいしいスイーツに舌鼓を打つ贅沢を味わえますよ。

 

<恵那川上屋 栗里宿 恵那峡店>

住所:岐阜県恵那市大井町2632-105

アクセス: 車で「恵那IC」より15分/東鉄バス恵那峡方面「土々ヶ根」下車

 

この他にも東濃地域には、見どころがたくさんあります。

 

付知峡の人気観光スポットを紹介!四季折々の自然を楽しもう

岐阜県・恵那市周辺の美術館をご紹介!見どころやおすすめは?

恵那峡の観光を楽しもう!見どころや周辺の観光スポットをご紹介

岐阜県の虎渓山永保寺を観光!見どころや周辺おすすめスポットを紹介!

岐阜県の道の駅を巡ろう!人気・おすすめの駅や見どころをご紹介

 

どこも魅力的な場所をご紹介しておりますので、ぜひご参考にしてください!

 

※各観光名所・観光施設の情報は変更の可能性もあるため、最新情報はホームページをご覧ください

 

 

東濃とは自然豊かで歴史が残る観光におすすめの場所

東濃とは、岐阜県東南部に位置する山々に囲まれた自然豊かな地域です。

 

林業が盛んな東濃は、「東濃ヒノキ」という銘木が産出され、その質の高さから歴史的建造物に使用されています。

 

また、1300年の歴史を持つ美濃焼、江戸時代中期より盛んに演じられてきた地歌舞伎も有名です。

 

自然や歴史を感じられる魅力的な観光地がたくさんある、東濃地域。

 

季節ごとに景観が変わり、いつ訪れても楽しめるので、ぜひ一度遊びに行ってみてくださいね!

 

東濃地域には、岐阜県の名産品の栗を使ったお菓子や、季節の創作菓子を取り扱っている恵那川上屋の栗里宿 恵那峡店恵那中央店瑞浪店可児店があります。

 

東濃地域の観光の際には、ぜひお立ち寄りください。

 

facebook

twitter

line

EC誘導フローティングバナー1月

閉じる